子ども・子育て拠出金率 2020年度は0.36%への引き上げの予定

 厚生年金保険が適用されている事業主は政令で定められた拠出金率に基づき計算された子ども・子育て拠出金を納めています。この拠出金は、児童手当の財源などになっており、2016年度に0.15%から0.20%に引き上げられ、2017年度にさらに0.23%、2018年度に0.29%、2019年度に0.34%と繰り返し、その率が引き上げられてきました。

 来年度(2020年度)の拠出金率について、内閣府の予算案において、0.36%(現行+0.02%)とすることが示されており、今後、正式に決定することになります。


参考リンク
内閣府「事業主団体との協議の場(令和元年12月12日)」
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/jigyounushi/r01/1212/index.html
(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/