人事労務最新情報

緊急事態宣言再発令後に変更・拡充された企業の新型コロナ対策の内容

 新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が高止まりという状態になっていますが、今回の緊急事態宣言の再発令によって企業の対策に変化はあったのでしょうか?今回は、労務行政研究所2021年1月14~15日が実施した「緊急事態宣 […]

緊急事態宣言を受けた雇用調整助成金特例措置等延長の具体的方針が示されました

 緊急事態宣言の再発令から2週間が経過しましたが、政府は1月22日に行われた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合において雇用調整助成金の特例措置延長の方針を示しました。これを受け、厚生労働省ホームページで以下の内容が公 […]

雇用調整助成金の特例措置拡大 FAQ・支給要領・リーフレットが公開されました

 2021年1月12日の記事「雇用調整助成金 1都3県の飲食店等への特例措置拡大!」でご紹介したように、緊急事態宣言を受け、雇調金の特例措置が更に拡大されることが公表されています。  これに関し、厚生労働省から周知するリ […]

70歳以上働ける制度がある企業 前年比2.6ポイント増の31.5%

 4月より70歳までの就業機会確保の努力義務がスタートします。これに関連して、先日、厚生労働省より令和2年「高年齢者の雇用状況」集計結果(以下、結果という)が公表されました。  この結果から、66歳以上働ける制度のある企 […]

厚生労働省が公開した新型コロナウイルスの陽性者等が発生した場合における衛生上の職場の対応ルール例

 職場の人数に関わらず、新型コロナウイルスの陽性者や濃厚接触者が発生したという話を耳にすることが増えています。このような環境を受け、厚生労働省のサイトに、新型コロナウイルスの陽性者等が発生した場合における衛生上の職場の対 […]

今春施行の70歳までの就業機会確保に関する努力義務 65%の企業が対応予定と回答

 今年4月に高年齢者雇用安定法が改正され、70歳までの就業機会確保に関する努力義務が課せられます。この法改正に対して、企業はどのように対応するのでしょうか?そこで今回はマイナビが実施した「マイナビ 人材ニーズ調査」の中か […]

厚労省「男性の育児休業取得促進策等について」を公表 育児・介護休業法改正案の策定へ

 2020年8月1日の記事「男性の育児休業取得率は6.16%から7.48%に上昇」で、男性の育児休業の取得率が上昇したことをお伝えしたものの、現状10%未満であり、少子高齢化の進展等、大きな課題を抱えています。  そのた […]

緊急事態宣言発令地域において「働き方改革推進支援助成金 新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」の3次募集が開始

 新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークの新規導入に取り組む中小企業事業主を支援する「働き方改革推進支援助成金 新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」ですが、今般の緊急事態宣言を受け、3次募集が開始 […]

ニューノーマルの仕事を通じて強まる「通勤時間」や「仕事付き合いの飲み会」を無駄と感じる傾向

 新型コロナの感染拡大により、昨年はテレワークが一気に普及しました。その後、生産性低下の問題などもあり、企業によって対応が大きく分かれていますが、従業員はテレワークをどのように捉えているのでしょうか?今回は昨年11月にB […]

同一労働同一賃金 中小企業で「すでに対応済み」は10.8%

 いわゆる同一労働同一賃金にかかる法改正ですが、昨年4月の大企業での施行に引き続き、今春には中小企業でも施行されます。最高裁の判断がなかなか示されず、実務上の対応が難しかったことに加え、新型コロナウイルス感染症への対応と […]