5月19日に詳細公表!雇調金算定方法と手続きの簡素化。まずはリーフレット公開

 2020年5月7日の記事「【速報・注目】雇用調整助成金の申請 大幅な簡素化へ!同時に比較検討の手間は増えるか」で案内した雇用調整助成金の変更ですが、厚生労働省から新たにリーフレットが公開されました。

 前回の記事の内容と重なる部分もありますが、以下の内容が実施されるとのことです。

1.実際の休業手当額による助成額の算定
 雇用調整助成金の助成額は、これまで「平均賃金額」を用いて算定していましたが、小規模事業主(従業員が概ね20人以下)は「実際に支払った休業手当額」により算定できるようになります。

2.休業等計画届の提出が不要に
 申請手続の更なる簡略化のため、休業等計画届の提出を不要とし、支給申請のみの手続とします。

3.平均賃金額の算定方法の簡素化
①「平均賃金額」を「源泉所得税」の納付書で算定できます平均賃金額の算定は、これまで「労働保険確定保険料申告書」を用いて算定していましたが、「源泉所得税」の納付書により算定できるようになります。
②「所定労働日数」の算定方法を簡素化します
年間所定労働日数は、これまで過去1年分の実績を用いて算出していましたが、休業実施前の任意の1か月分をもとに算定できるようになります。

 詳細は、2020年5月19日に公表予定とのことですので、詳細までもう少しの間、待ちましょう。
↓このリーフレットのダウンロードはこちらから!
https://roumu.com/archives/102819.html

助成額の算定方法を大幅に簡略化し、雇用調整助成金の手続を更に簡素化します(2020年5月14日発行)

 

[雇用調整助成金オンラインセミナー緊急開催]
 助成金のプロである深石圭介社労士を講師にお迎えし、「雇用調整助成金の申請のポイントをたっぷり3時間でマスターする集中実践講座」をオンラインで緊急開催。5月11日に収録済で現在公開準備中で、5月15日配信の見込み。現在参加申込みを受付しています。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-fukaishi202005/


関連記事
2020年5月7日「【速報・注目】雇用調整助成金の申請 大幅な簡素化へ!同時に比較検討の手間は増えるか」
https://roumu.com/archives/102682.html

参考リンク
厚生労働省「雇用調整助成金」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

(宮武貴美
)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/