雇用保険

新型コロナの特例等も掲載された雇用保険業務取扱要領が令和2年11月2日以降版に更新

 一般的に、雇用保険の実務は、厚生労働省が発行している「雇用保険事務手続きの手引き」や都道府県労働局が公開している雇用保険のしおり等を参考に手続きをしているかと思います。  これに対し、ハローワークの内部では、手引きやし […]

動画で確認できる雇用保険の基本手当の受給手続き

 雇用保険に加入している従業員が退職した場合には、雇用保険の基本手当を受給するケースが多くあります。離職が初めての人にとっては、ハローワークに初めて出向く人もおり、基本手当の受給までの手続きがどのように進むのか疑問に思う […]

8月1日版に更新された雇用保険業務取扱要領

 雇用保険の実務を進める上で、細かな解釈等を確認する際に役立つものが、厚生労働省が公開している「雇用保険に関する業務取扱要領(雇用保険業務取扱要領)」です。この雇用保険業務取扱要領では、雇用保険の資格取得や資格喪失の手続 […]

8月1日の離職から変更になった離職票等の支払基礎日数のカウント

 2020年6月19日の記事「離職票 8月以降の退職は11日以上の月に加え80時間以上の月を1ヶ月とカウント」で取り上げた通り、2020年8月1日以降の離職について、離職票の記載方法が変更となります。具体的には、離職日か […]

8月1日より雇用保険「基本手当日額」が若干引上げに

 厚生労働省は、2020年8月1日(土)から雇用保険の「基本手当日額」を変更しました。  「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。今回 […]

離職票 8月以降の退職は11日以上の月に加え80時間以上の月を1ヶ月とカウント

 2020年1月13日の記事「雇用保険法改正案(2)高年齢雇用継続給付の引下げと離職票の支払基礎日数の考え方の変更」でご紹介した離職票の支払基礎日数の考え方の変更ですが、その後、改正雇用保険法は成立をし、公布されました。 […]

自己都合での退職 基本手当の受給までの期間が3ヶ月から2ヶ月に短縮!

 2019年12月16日の記事「雇用保険 基本手当の給付制限2ヶ月に短縮の方向性」で、自己都合退職時の雇用保険の基本手当の給付制限期間が短縮になる方向性をお伝えしましたが、鳥取労働局から「「給付制限期間」が2か月に短縮さ […]

休業手当が支給されない労働者に支給される「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金」の概要

 先週の金曜日(2020年6月12日)に、第二次補正予算案が成立し、雇用調整助成金の上限額の引上げが行われました。これに合わせて、「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例等に関する法律」(以 […]

新型コロナの感染で重症化する恐れのある従業員の離職は「特定受給資格者」扱いに

 雇用保険の被保険者が会社を退職した場合、雇用保険の失業等給付の一つである基本手当を受給することで、転職活動中の生活を維持することになりますが、自己都合で退職した場合には、基本手当を受給するまで原則として3ヶ月間の給付制 […]

休業手当が支給されない労働者への直接給付「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金」が盛り込まれた法案が国会提出

 新型コロナウイルス感染症への対応に必要な予算が組み込まれた第二次補正予算案は、今日(2020年6月8日)の閣議で決定され、国会に提出されましたが、これとあわせて、休業手当を受けることができない労働者に関する新たな給付制 […]