岩﨑仁弥社労士「賃金請求時効5年時代を見据えた「今後の労働時間・雇用管理」のあり方」東名阪福で開催

 昭和時代は「守らなくてもよい法律」などと揶揄されていたという「労働基準法」。昭和型雇用と時代のラッキーの中で、日本が一人勝ちしていた時代だったから通用していた話ではないでしょうか。

 グロ-バル化と少子高齢化のもと、低迷し続けた平成を経て、令和になったいま、「労働基準法」は企業経営のため、守らなくてはならない法律になっています。その象徴が昨年4月に始まった時間外労働の絶対的上限規制と2020年4月施行の賃金請求権伸長ではないでしょうか。本セミナーでは改正内容を解説するのではなく、改正後を見据えた「大予測セミナー」にしたいと思います。
※社会保険労務士以外のみなさまもお申込みいただけます。


岩﨑仁弥社労士による【改正労基法】を見るもう一つの視点
賃金請求時効5年時代を見据えた「今後の労働時間・雇用管理」のあり方
 今後の法改正を踏まえた改正後の実務への影響を大予測+最新モデル規定・協定付き
講師:岩﨑仁弥氏 株式会社リーガル・ステーション 代表取締役 


(1)時間外労働の上限規制が70年ぶりの大改正である理由
(2)長時間労働と労働生産性の問題
(3)年次有給休暇制度の次なる改正は
(4)ジョブ型正社員は我が国の雇用ルールを変えるのか
(5)働き方改革フェーズⅡとは

[日時]
東京会場
2020年5月19日(火)10:30~16:30
 名南経営コンサルティング東京事務所 セミナールーム(神保町)
名古屋会場
2020年6月 9日(火)10:30~16:30
 名南経営コンサルティング本社 セミナールーム34F(名古屋)
大阪会場
2020年5月18日(月)10:30~16:30
 エル・おおさか 南1023(天満橋)
福岡会場
2020年6月 2日(火)10:30~16:30
 福岡朝日ビル 地下1F 16号室(博多)

[受講料(税別)]
一般 18,000円
LCG特別会員 3,600円 正会員 7,200円 準会員 10,800円

[お申し込み]
 以下よりお願いします。なお、LCG会員のみなさんは専用サイト「MyKomon]よりお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-iwasaki20200518/