賃金

新卒入社者の今夏の夏季賞与の平均額は大学卒96,735円、高校卒74,307円

 新入社員の初年度の賞与をどのように決めるかは、実務担当者にとって意外な悩みどころではないかと思います。そこで今回は、産労総合研究所の「《速報版》2020年度 決定初任給調査 新入社員の夏季賞与」の内容を取り上げたいと思 […]

経団連調査 大手企業2020夏季一時金第1回集計結果は前年比▲6.00%の925,947円

 新型コロナウイルスが、今夏の賞与の水準にどこまで影響するかに関心が集まっていますが、先日、経団連は「2020年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況」の第1回集計(2020年6月17日)を公表しました。この調査の対象 […]

都内労組の2020年夏季賞与 中間集計の平均妥結額は760,243円(前年比▲0.39%)

 新型コロナの影響で、今夏の賞与はかなり厳しい結果となる企業が続出しそうな状況ですが、先日、東京都が実施した調査の中間集計が公表されましたので、取り上げることとします。この調査は、都内の1,000労働組合を対象に実施され […]

今春の賃上げ実施率 新型コロナの影響か、大幅下落

 いま出る話題と言えば、ほぼ新型コロナウイルスという状況になっており、リーマンショックのときと同様に、非正規従業員の雇止め、労働者派遣契約の終了、場合によっては整理解雇などの話も耳にするようになってきています。  そんな […]

都内民間労組 2020年昇給の平均妥結額は6,452円(+2.00%)

 東京都産業労働局は例年、都内の1,000労働組合を対象に実施した2020年春季賃上げ要求・妥結状況調査の中間集計結果(令和2年4月9日現在)を公表しました。  これによれば、既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較 […]

中小企業の賃金水準であればこの資料 東京都「中小企業の賃金事情(令和元年版)」が公開に

 東京都労働相談情報センターは毎年調査を行っている「中小企業の賃金事情」の令和元年版を公表しました。中小企業の賃金調査にはなかなかよいものがありませんが、この調査は比較的信頼性が高いものとされています。対象は、従業員が1 […]

経団連調査 大手企業2019年年末一時金最終集計結果は前年比1.77%増の951,411円

 先日、経団連より「2019年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果」の最終集計結果が公表されました。この調査の対象は、原則として東証一部上場、従業員500人以上、主要21業種大手251社で、今回の最終集計は妥結し、集 […]

賃金請求権の消滅時効期間 2020年4月に2年から3年に伸長へ

 来春に行われる民法改正に対応して、賃金請求権の時効をどうするのかという議論が続いています。その検討会が始まったのは2017年12月ですので、労使の意見の調整が付かないまま、既に2年間が経過しています。しかし、この議論も […]

東京都労組の2019年年末一時金調査 最終集計では前年比▲0.15%の769,903円

 業績の先行き不透明感から今年の賞与統計では前年比マイナスの結果が連続していますが、都内労組を対象とした2019年冬季賞与の調査でもそのような結果となっています。調査の対象は都内に所在する1,000の民間労働組合で、今回 […]

大卒初任給 厚労省調査でも21万円台に

 近年の採用難で学卒初任給の上昇が続いています。本日は厚生労働省が行っている日本最大の賃金統計調査である賃金構造基本統計調査結果の中から、初任給の状況について見てみることとします。  これによれば、令和元年の学歴別初任給 […]