海外赴任・外国人

技能実習生の失踪問題への対応強化/出入国在留管理庁

 外国人技能実習生の失踪については以前から問題となっています。出入国在留管理庁の統計調査によると、2018年においては9,052人の失踪者があり、技能実習生全体に占める割合は2.1%となっており、例年2%前後の失踪者が発 […]

2019年4月から導入された在留資格「特定技能」の在留外国人数(2019年9月末)

 法務省は、2019年11月13日、「2019年9月末の特定技能在留外国人数」を公表しました。四半期ごとにその在留者数を公表してきていますが、今回の公表である2019年9月時点での特定技能の在留者数は219人となっていま […]

送出機関との不適正な関係について再度の注意喚起/外国人技能実習機構

 2019年10月31日、外国人技能実習機構は、監理団体部長名義で、監理団体代表者各位宛てに、「送出機関との不適正な関係について(再度の注意喚起)」と題した文書を出しました。 ■文書はこちらで確認できます。  その内容は […]

出国時の脱退一時金の支給上限年数を5年に見直す方向/外国人の年金

 2019年10月30日、厚生労働省の第13回社会保障審議会年金部会において、外国人の年金に関する脱退一時金制度の見直しの方向性が示されました。  外国人についても日本に滞在し就労する場合には、社会保障協定の適用がある場 […]

日・フィンランド社会保障協定に署名/日本政府

 2019年9月23日、日本政府はフィンランドのヘルシンキにおいて、「社会保障に関する日本国とフィンランド共和国との間の協定(日・フィンランド社会保障協定)」に署名を行いました。  現在、日・フィンランド両国から相手国へ […]