外国人雇用

厚労省等策定の「外国人留学生の採用や入社後の活躍に向けたハンドブック」ダウンロード開始

 外国人留学生を採用する企業が増えています。そうした企業のみなさんの参考となる「外国人留学生の採用や、入社後の活躍に向けたハンドブック」が、文部科学省・厚生労働省・経済産業省によるプロジェクトチームにより策定されました。 […]

2020年3月から在留カード番号の記載が必要となる外国人雇用状況届

 人手不足の今、労働力不足を補うものとして外国人労働者に注目が注がれています。外国人を労働者として雇用したときや、その外国人労働者が離職したときには、ハローワークに外国人雇用状況の届出をすることが必要ですが、2020年3 […]

2020年3月より届出が義務化される予定となった外国人労働者の在留カードの番号

 4月より新しい在留資格である「特定技能」が創設され、外国人労働者の増加が見込まれています。今回、平成30年12月25日関係閣僚会議で了承された「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」において、において、「外国人雇 […]

【改正入管法】特定技能にかかるパンフレットと申請書が公開

 今年4月は働き方改革関連法の施行が行われますが、それと同時に入国管理法も改正され、新たな在留資格である「特定技能」が創設されます。先の臨時国会でバタバタと成立し、あまり情報がないまままもなく施行を迎えるという混乱した状 […]

法務省から新たな外国人材の受入れに関する資料が公開されました

 昨年、秋の臨時国会で大きな話題となり、課題が指摘されつつも成立した改正出入国管理法ですが、先日、法務省は都道府県別説明会で使用した外国人材の受け入れに関する資料を公開しました。 資料は以下の構成となっており、制度の概要 […]

届出義務化以降、過去最高を更新した外国人労働者の雇用者数

 2019年4月から新たな外国人労働のルールがスタートすることになっていますが、厚生労働省から先日、「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ」が公開されました。 外国人雇用状況の届出制度は、労働施策の総合的な推進並びに労働者 […]

外国人技能実習実施者に対する監督指導結果 70.8%が違反

 近年、深刻な人手不足から技能実習生を含む外国人を活用しようとする機運が高まっていますが、厚生労働省は、先日、外国人技能実習生の実習実施者に対する平成29年の監督指導、送検等の状況を公表しました。  平成29年度は、監督 […]

約7割が法令違反!外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導結果

 厚生労働省は、平成29年8月9日、外国人技能実習生の実習実施機関に対する平成28年の監督指導・送検等の状況を公表しました。外国人技能実習制度とは、外国人が日本の企業などの実習実施機関において実習を通し技術を習得すること […]

100万人を超えたわが国の外国人労働者数 6月は外国人労働者問題啓発月間

 厚生労働省は、毎年6月を「外国人労働問題啓発月間」と定めています。  日本全国の外国人労働者数は、平成28年10月末現在の厚生労働省の統計調査によると、初めて100万人の大台に乗り108万人になっています。外国人労働者 […]

遂に100万人の大台を超えた外国人労働者数

 厚生労働省では、毎年、外国人を雇用する事業主にハローワークへの届出が義務付けられている外国人雇用状況の届出状況について取りまとめを行っていますが、先日、平成28年10月末現在の最新の集計結果が公表されました。  今回の […]